NEWS

NEWS RELEASE

2019.10.18インタビュー

Members File.11:【先輩×後輩】今だから話せる本音トーク

Members File.11

弊社メンバーの仕事にかける「想い」と「挑戦」を発信していく「Members File」。

第11回目は、2019年度新卒メンバーが先輩社員に仕事や社内の疑問を聞きました。

ストアフロントでは、配属後に新卒メンバー1人1人に先輩社員がメンターとして付きます。メンターは、仕事のことや社会人マナー、社内ルールなど普段から様々なことを教えています。

今回は、新卒メンバーが入社して感じていること思ったことを先輩と本音トークを繰り広げます!

Interview Profile Part.1

Interview Profile Part.1

株式会社ストアフロント
リアルアフィリエイト事業部 第三営業グループ

先輩社員(写真右):K.N 2016年4月入社(新卒)
後輩社員(写真左) :S.S 2019年4月入社(新卒)

S.S

いつもサポートしてくださり、ありがとうございます!新入社員に対してのサポートや教育体制がとても整っているように感じています。

カリキュラムなどは決まったものがあるのでしょうか?

K.N

教育カリキュラムは代々メンターを経験したメンバーが作ってきたものがあります。内容を充実させるため、毎年メンターに任命されたメンバーがカリキュラムをアップデートしています!

自分たちの主観だけではなく、新卒のみんなにアンケートを取ってフィードバックをもらうようにしています。

S.S

毎年、メンティーの感想が反映されているんですね!

K.N

ただ、後輩たちへの伝え方はまだまだ難しいなと思うことが多いので、分かりやすい伝え方を模索中です!

S.S

覚えたことをアウトプットすることで、自分の成長にもつながると先輩方に教えてもらいました。

なので今後、私自身もメンターを任せてもらえるように成長したいなと思っています。メンターをやるうえでの心構えも教えてください!

K.N

メンティーには、最初に夢年表(将来の目標へのマイルストーン)を作ってもらっていますが、その夢にどのくらい近づけているのか、を評価軸としてみています。

メンターとして、メンティーが成長した実績を把握し、どの様に伝えられるかを意識しています。

例えば、「できるようになったこと」「できなかったこと」を比較すると、人は「できなかったこと」の印象の方が強く残ると思っています。なので、毎月1回の振り返り面談では、「できるようになったこと」にフォーカスし、メンティー自身が自分の成長を実感してもらえるようにしています!

S.S

たしかに、いつも「できなかったこと」ばかり思い出してしまいます。

振り返り面談の時に、できるようになったことを数え褒めてくださったことは、少しずつ成長できているという自信につながりました。

K.N

もちろん厳しい時は厳しく、褒める時は褒める!と時と場合により飴と鞭を使い分けていますね。(笑)

S.S

面談の時などに感じるのですが、先輩方は感情的ではなく、物事を組み立てて考えているなと感じています。

ロジカルシンキングはどこかで勉強したのでしょうか?それとも元々の素質ですか??

K.N

入社当初は、ロジカルのロの字も知らなかったです。(笑)

入社研修で、ロジカルシンキングについての研修がありましたが、初めて考え方に触れ、あまりしっくりこなかったのを覚えています。入社して3年目の時に、現在の上司がロジカルシンキングの勉強をされていて、その内容をアウトプットさせてほしいと誘われて……。

私も勉強をしたいと思っていたので、タイミングよく勉強する機会をもらえました。普段の業務の中でアウトプットする場面を設けて頂き、自分自身に考え方が浸透していきました!

なので、入社当初からの知識ではなく、入社後の周りの影響が大きいですね。入社してから、自分が変わったなと思うことは、考え方や一歩先のことまで調べることですかね。

今できなくても、今後きっと身についてくると思います!

Interview Profile Part.2

Interview Profile Part.2

株式会社ストアフロント
リアルアフィリエイト事業部 第一営業グループ

先輩社員(写真左):K.Y 2016年4月入社(新卒)
後輩社員(写真右):J.S 2019年4月入社(新卒)

J.S

先輩に伺いたいことがあるので、教えてください!

所属チームのメンバーはどういうタイプの人が多いですか?

K.Y

素直で自分の思っていることをちゃんと言う人が多いと思います。

ミーティング中もわからないこと・納得のいかないことはその場で声に出す人が多いですね。

J.S

入社してすぐは、正直発言がしづらいと思っていました。

しかし上下関係なく、メンバーみんなが発言しているので、私自身も発言できるようになってきました!

K.Y

わからないことを自分だけでずっと抱えていると、モヤモヤして不安や不満になることもあると思います。当たり前のことですが、「陰口禁止/陰褒めOK」というルールがあるので、不安・不満に思わず、どんなこともその場で解決する雰囲気作りをしています。

J.S

もう1つ、ストアフロントに配属をされてから、上長と自分自身の夢を考え、「自分の夢年表」作る時間が何度かありました。なぜ「夢年表」を作るんでしょうか?

K.Y

メンバーには、短期的な目標だけでなく、将来どうしたいのか長期的な目標や夢をもって仕事をしてほしいと思っています。入社時には夢が明確な人、曖昧な人それぞれだと思うので、一緒になってなりたい姿や夢に近づく方法を考えていけたらいいなと思っています。

J.S

僕自身も明確な夢を見出すための面談を何度かしていただいています。

長期的な夢を具体的に考えたことがないので、アドバイスをいただきながら考えています。

K.Y

夢が見つかれば、その夢を達成するためのプロセスを考える時間が待っています。

その夢を達成するためには何が必要で、ストアフロントでは何を達成して、次のステップにいくのかを一緒に考えたいと思っています。すぐに明確な目標を見つけなきゃいけないわけではないので、ゆっくり探していきましょう!

J.S

なかなか自分の夢が何なのかわからず悩んでいるときに、上長に「俺はチームメンバーに絶対迷ってほしくないんだ」と言われました。どんな目標を立てるかわからないなかで、真摯に自分と向き合って話し合いをしてくれる上司がいることがとても嬉しかったです。

ストアフロントに配属されて良かったなと感じた瞬間でした。

現在ストアフロントでは、広報PR担当者を募集しています。

当社のビジョンである「“新しい”をあたりまえにする。」を体現した、このサブスクランプを広報PRの力でグロースさせてみませんか?

興味がわいた方は、気軽にご応募ください!

page